スピリチュアルな能力の四要素(その4)

●リーディング(読み取る)

霊視あるいは遠視という言い方をすることもあるリーディングは、自分と上次元存在の能力を使うことで対象となる人や場、物質、存在などの状態を読み取って情報を得るものであり、チャネリングを受動的な情報取得とすれば、リーディングは読み手側の能動的な情報取得と言うことができる。

【レンジ】
リーディングにおける、読み取り可能なレンジ(範囲)というのは、人によって異なり、
下図のように分類できる。Fig1人によって、上図の特定領域に強いタイプもあれば、広い領域を読み取ることができるタイプもあり、これは個性でもある。

また、読みとれる深さも読み手によって異なる。Fig2 上図のうち、過去領域をアカシックレコードと呼ぶこともあり、上図からもわかるとおり、アカシックレコードというのは、人間が読み取ることができる全体の領域のうちの、一部分の領域のことを示している。

リーディングにおいては、自分の霊的な能力を使用するので、基本的には道具を使用しない。ただし、自分をリーディングができる状態に持っていくために道具を併用することはあり、水晶球を覗き込むというのはこの典型的な例。

【距離】
リーディングにおいては、読み取る対象までの距離が近いか遠いかということは、本来的には影響しないものである。これは、リーディングを行う時にアクセスしている次元というものの性質による。

我々が生息している(と感じている)「三次元空間+時間」の領域をここで「実空間」上位次元の領域を「虚空間」とすると、虚空間における「状態の遷移」が、三次元空間と時間に展開されて実空間が形成されているためで、上位次元においては、時間とか距離というのは状態に還元されていることからくるものである。

※複素平面における実数が我々の時空空間、虚数が上位次元のエネルギー空間と考えるとわかりやすいかもしれない。つまり我々が生きている空間全体は複素平面的であるということ。なので、お互いが独立しつつも、相互に影響することが可能。
この複素平面の考え方は、チャネリングでマスターから情報を貰いました。

ただし、読み手側の意識に距離が遠いと読み取りにくくなるという概念があると、距離に比例して読み取りにくくなるということが起きることがある。
また、対象までの間に何らかの物質が有る場合でも、本来的には読み取り可能であるが、同じように、読み手の意識によって、読み取りにくくなるということが起きることがある。

【対象の種類】
リーディングにおける対象としては、生命体(人間、動物など)を取り扱うことが多いが、人工物も、天然物(石、岩、山、地球、天体、銀河、宇宙)も広い意味では生命体であり、生死のサイクルが人間のように短く(数十年)なく、非常に長い(数億年)という違いでしかない。そのため、どのような対象であっても、原理的にはリーディング可能である。

(続きます)


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。