四十九日の法要の意味とは?

四十九日の意味

人が亡くなると、仏教では四十九日の法要がありますが、これはどういう意味なのでしょうか?

仏教では、四十九日までは、故人の魂の行先が決まっておらず、現世とあの世の間をさまよっているとされています。
法要は、故人が現世とあの世をさまようことなく成仏するために行われるものです。

でも、なぜ四十九日なのかは明確な説明があるようで、ないのが実情です。

亡くなった人は、早ければその日に成仏、つまりあの世に行ってしまいます。長く留まる人は、四十九日を超えても、あの世とこの世の間に留まっています。

そうすると、四十九日間の法要って、どういう意味があるのでしょうか?

生きている人の為の日数

亡くなった人が成仏したのかどうかを、普通の人は見極められません。見極めることが出来ればどこまで法要を続けるのか、あるいはもう十分なのかがが分りますが、それができる人は限られています。

七日×七回=四十九日の法要とは、それだけやっておけば大体の人が成仏してあの世に行くという経験から、そう決まっているにすぎません。

この世で生きている人が、亡くなった人の為にいつまでも法要しつづけるわけには行きませんから、キリの良い所で法要を終わらせる必要があります。

そのキリの良い所が七日×七回になっています。これだけやっておけば、この世で生きている人たち(親族、友人、関係者など)も「やるべきことはやった」と納得が行くので、四十九日となっているわけです。

つまり、生きている人にとって、亡くなった人を弔う上で納得できる日数が七日×七回=四十九日です。「それだけやっておけば」もう良いだろうという事なのです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. JAZZMAN より:

    かなり以前に、同じ趣旨のことを丹波哲郎さんがビデオの中で言っていました(笑)。

  2. 八雲 より:

    > JAZZMANさん

    そうですか。
    丹波さんのビデオは見たことないですが・・・
    ちゃんと見えていて、宗教の教義に捉われず、ニュートラルに物事を考えられる人なら、同じことを言うと思います。

テキスト・画像のコピーはできません。