iPhoneで3D

3D表示というと、メガネが必要だったり、特殊な機材が必要だったりするのが多いのですが、こちらは普通のiPhoneを使ってメガネ不要の3D表示です。

i3D — Head Tracking for iPhone: Glasses-Free 3D Display

iPhoneのフロントカメラで頭部の動きを検知して、それに合わせた映像を計算して表示するという方法で行われているので、iPhone以外は何も使っていないiOSアプリです。
静的な3D表示ではなく、動的な3D表示というところがミソですね。

テキスト・画像のコピーはできません。