ワンネスは知識ではない

スピリチュアルの世界では、ワンネス(すべては一つ)ということが言われるが、それを単なる知識としてとらえている人の方が多いのかもしれない。これが、単なる知識で留まるのであれば、「どこのレストランが美味しい」という情報と大した違いはない。

大切なのは、ワンネスが自分自身の知識ではなく、世界の見方、行動原理になること。

単なる知識としてのワンネスは、自分の世界の見方や行動原理がワンネスではないということになり、その結果として、自分の知識と行動原理の間に矛盾を引き起こす「毒」になる。そのような毒になるワンネスは、自分自身を逆に困惑させ・痛めつけるだけである。

ワンネスをベースにこの世界を見ているのか、見ることができるのかが、問われるのです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. Amano-Joke より:

    ・・・むずかしい・・・ (゚ー゚;
    どうしても分離意識が先にでてしまいます。

テキスト・画像のコピーはできません。