皆既月食の遠隔ヒーリング

皆既月食

11月8日(火)は満月が昇り、18時過ぎから始まる皆既月食があります。

この皆既月食は、10月25日(火)の日食とペアになって起きます。また、皆既月食は、満月の時に起きます。

国立天文台(リンク)の絵が分かりやすいので、引用します。

皆既月食が発生する時刻は、日本全国で同一時間の、

部分食の始まり 18時09分
皆既食の始まり 19時16分
食の最大 19時59分
皆既食の終わり 20時42分
部分食の終わり 21時49分

となります。

ホロスコープ

食の最大の時のホロスコープを見ると、

コンジャンクション(0度)が、
太陽と水星
太陽と金星
月と天王星

オポジション(180度)が、
太陽と月
太陽と天王星
月と水星
月と金星

スクエア(90度)が
土星を中心に、
太陽、月、金星、天王星

となります。

これを解釈すると、様々な吉と凶が入り混じった状態になるので、いわばカオスの状態になります。様々な事柄がシャッフルされた状態になるので、これに巻き込まれてしまうと、自分自身の方向性を失ってしまうことになりますが、自分自身の意思である方向に進もうとするときには良い転換点になります。

遠隔ヒーリング

カオスの状態に自分自身が巻き込まれるのではなく、カオスをうまく使って良い転換点とするために、遠隔ヒーリングを行います。

【日時】

11月8日(火) 20:00 – 20:30
今回は、月食が最大となる時間帯に合わせて20時から行います。

【注意事項】

参加を検討している方、参加される方は、以下の説明をよく読んでください。

遠隔ヒーリング(ヒーリング+アチューメント+チューニング)セッションに参加する際の重要なポイントについて説明します。

【参加費用】

この日の遠隔ヒーリングに参加する場合は、4千円となります。
参加費用は銀行振込になります。
振込先は案内メールに掲載します。

【無料参加について】

「新月と日食+コロナ対応の遠隔ヒーリング(リンク)」に参加申込された方は無料で参加できますが、案内メールに返信してください。返信が無い場合は、「参加しない」として進めます。

【申込期限】

11月7日(月) 18:00までにお申込み下さい。

【参加申し込み】

以下のフォームからお申込みください。
絵文字は受信時に文字化けするので使わないようにお願いします。

[受付終了しました]


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。