2019年のスーパームーンは2月20日

昨年の記事で書いていますが、2019年のスーパームーンは2月20日です。

※2019年の最初のスーパームーンの計算を追加し、タイトルを変更しました。 2018年のスーパームーンは正月の1月2日...

スーパームーンは、言葉にインパクトがあるので、何か特別な月であるかのように思えます。

2019年の満月時の地球から月まで距離(地心距離)を国立天文台のサイトで計算してみました。

年月日 時刻 黄経差 地心距離
2019/1/21 14:16 180°(皆既月食)  358,029 
2019/2/20 0:54 180°  357,151 
2019/3/21 10:43 180°  360,612 
2019/4/19 20:12 180°  367,130 
2019/5/19 6:11 180°  379,252 
2019/6/17 17:31 180°  388,255 
2019/7/17 6:38 180°(部分月食)  399,176 
2019/8/15 21:29 180°   404,170 
2019/9/14 13:33 180°   406,269 
2019/10/14 6:08 180°  402,116 
2019/11/12 22:34 180°  395,834 
2019/12/12 14:12 180°  383,722

数字だと分りにくいので、グラフにしてみるとこうなります。

赤丸がスーパームーンの2/20です。
このグラフでは、低いほど地球に近く、高いほど地球から遠いことを示しています。
でもグラフの縦軸の最小値が0ではないことに注目してください。

エクセルなどの表計算ソフトでグラフを作ると、自動的に最大値・最小値に合わせたこんなグラフになりますが、これでは実際の変化量を直感的に見ることができないので、縦軸の最小値を0にすると、こうなります。

最初のグラフと比べるとだいぶイメージ変わりますね。でも、こちらの方が実体に近いものになります。

最大のスーパームーンと言う時でも、大きさは13%程度大きくなるだけです。2016年の最大・最小満月を比較した図が国立天文台にあるので、引用します。

こちらを見ても、それほど大きさに差があるわけではないのが分ります。

一方で、日食や月食は、遠く離れた場所にある天体が天球上の一点に重なるものですから、はるかに意味合いが大きくなります。

私の感覚では、スーパームーンは言葉のインパクトや分りやすさもあり、実体よりもかなり盛ったイメージで見られているようです。

大きさの違いよりも、満月・新月の違いを感じ取ることの方が大切だと思います。

テキストのコピーはできません。