逆行中の火星が15年ぶりの大接近

火星大接近

2018/7/31(Tue)は火星が15年ぶりに最も地球に接近します。

今夜の大まかなスケジュールは、以下の通り。
19:00 東南の空から火星の出
23:30 南中(真南の空で最も高い位置)
04:00 南西の空に火星の入り

南中時の夜空をStella Theater Pro(HP)で表示してみました。

南の空に赤く輝く星が火星です。

火星は活力や積極性を表すので、火星が接近すると、何かと動きたくなる時期になります。

ただし、冷静に考えないで行動することになりかねないので、行動する前にそれが自分の本心なのか、あるいは本当に必要な行動なのかをよく確かめておくことが大切です。

2018/7/11の記事で書いてますが、

7月末には、2003年以来15年ぶりの火星大接近と今年最少の月の皆既月食が見られます。 ●15年ぶりの火星大接近 ...

月食と火星の大接近がセットになると、タガが外れたような状態になるので、社会的には混乱、自然現象的には災害が発生しやすい状態になります。

惑星逆行中の火星

さらに今回は、惑星逆行が多く5惑星(水星、火星、土星、海王星、冥王星)が逆行中なので、さらにそれに拍車を掛けています。(冥王星は天文学では準惑星ですが、占星術においては惑星として扱っています)

今回の台風12号が通常とは逆のルートを取ってさらに南九州沖でループするというような状態も月食と火星の大接近と5惑星逆行が関係しています。