ぞろ目と原子力事故 (3/23更新)

国内の原子力事故を見ていると、年月日にぞろ目が出ていることが多いのに気が付きます。(以下のリストは、Wikipediaの原子力事故から引用)

【レベル7】
2011年3月11日,12日 福島第一原子力発電所炉心溶融・水素爆発事故

【レベル4】
19999月30日 東海村JCO核燃料加工施設臨界事故

【レベル3以下】
1978年11月2日 東京電力福島第一原子力発電所3号機事故
1989年11日 東京電力福島第二原子力発電所3号機事故
1990年99日 東京電力福島第一原子力発電所3号機事故
1991年2月9日 関西電力美浜発電所2号機事故
1991年44日 中部電力浜岡原子力発電所3号機事故
1997年3月11日 動力炉・核燃料開発事業団東海再処理施設アスファルト固化施設火災爆発事故
1999年6月18日 北陸電力志賀原子力発電所1号機事故

ゾロ目になっている数字が、1・4・9の三つしかなく、発生しているのは、中部から東の地域の中部電力、東京電力地域のみ。そして、3.11は1997年と2011年の二度発生しています。

そして、東京電力の区域だけを古いほうから新しい方に抜き出すと、

1978年11月2日 東京電力福島第一原子力発電所3号機事故
1989年11日 東京電力福島第二原子力発電所3号機事故
1990年99日 東京電力福島第一原子力発電所3号機事故
1997年3月11日 動力炉・核燃料開発事業団東海再処理施設アスファルト固化施設火災爆発事故
19999月30日 東海村JCO核燃料加工施設臨界事故
2011年3月11日,12日 福島第一原子力発電所炉心溶融・水素爆発事故

1と9だけになりますね。数字として、1は始まり、9は終わりを意味しますから、これから先も予断を許さない状況に思えます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. ポン太 より:

    カバラ的な意味もあるみたいですよね・・・陰謀説的には。
    HARRPも弊社(パネルだけみたいですが)で作っていたみたいです(爆)
    今次世代のHARRPを作っているみたい・・・です(汗)

テキストのコピーはできません。