2020年の日食・月食

2020年は日食が2回、月食が4回もあります。

半影月食

ただし月食は全て半影月食です。
半影月食とは、太陽と地球が作る本影の外側に広がる薄い影の部分に月が入るもので、目視で見た時は欠けておらず、天体望遠鏡などで見た時に、薄い影が見えるだけです。
なので、これを月食とカウントしないという考え方もあります。

日食

金環日食と皆既日食になります。
特に6月の金環日食は、夏至の日になります。夏至と日食が重なるのは大変珍しい現象でかなり強いエネルギーの天体現象となります。

スケジュール

1月11日(土):半影月食/満月
日本からも見られる

6月6日:半影月食/満月
日本からも見られる

6月21日:金環日食(アフリカ、北インド、中国など)/新月/夏至
日本では16~18時ごろに部分食が見られる
西日本ほど大きく欠け、最大食分は那覇で約0.84、東京で約0.47、札幌で約0.29

7月5日:半影月食/満月
日本からは見られない

11月30日:半影月食/満月
日本からも見られる

12月14-15日:皆既日食(南太平洋、チリ、アルゼンチンなど)/新月
日本からは見えない

遠隔ヒーリング

昨年より、日食と月食も遠隔ヒーリングをすることになりました。

月食については、半影月食のため2020年の遠隔ヒーリングはありません。

日食については、6月は夏至と日食が重なるので、特に強いエネルギーになります。
また、12月は日食と冬至が日程的に近いため、行う内容については、両方に参加しやすいようにしたいと思います。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。