良し悪しを判断しない生き方

物事が起きるとき、その物事が起きる理由はわからなくても、物事が存在するということは、存在する価値があるということです。
その価値が何なのか、人間目線ではわからないこともあります。神様目線で初めて価値が分かることもあります。
物事が起きるということは、起きる全てに存在する価値があります。
それを人間目線で、これは良い、これは悪いと判断するということは、価値があるものを悪いものにしてしまいます。
価値があるものを悪いものにするということは、いずれ、まるで自分自身に価値がないかのように思えるできごとが自分に還ってきます。
神仏に委ねる生き方として・・・
良し悪しの判断を、人間が行わず、神仏にまかせる生き方があります。
禅的、あるいはタオ(道)的な生き方として・・・
良し悪しを考えないで、物事をただ受け取る生き方があります。
どちらの生き方も、生きることを楽にしてくれます。
ストレスを減らすことにもつながります。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。