2014年元旦遠隔セッションへのコメントありがとうございます

たくさんのコメントをありがとうございます。
個別に返信するのは大変なので、まとめの返信とさせてもらいます。

【大切なのは、人生が創造的に変化すること】

今回の遠隔セッション(ヒーリング、アチューメント)は、創造的になるという人生の変化を引き起こすためにあります。
今回の遠隔セッションでは、参加された方々すべてにエネルギー(ヒーリング、アチューメント)は届いていますので、遠隔セッションにおけるエネルギーを体感するかどうかは二の次であって、最も大切なのは参加された方々が一歩でも二歩でも、次のステップに進むためのきっかけになるということです。

コメントでは、参加された方々が遠隔セッションでエネルギーを受け取った時の体感やビジョンなどについて書かれているので、それらについて解説しておきます。

【遠隔セッションで体験することは人それぞれ】

遠隔セッションにおいて、体験・体感すること、起きること、あるいは体感しなかったこと、それらは様々で、ひとりひとりの個性によることになります。
そのため、体験・体感することが良いとか、体験・体感しないことが良くないということはありません。することも、しないことも、どちらも等しい経験です。

1.エネルギー感覚
受取ったエネルギーを遠隔セッションの最中に感じるかどうかは、エネルギー感覚に関して繊細になっているかどうかによります。人が水を飲むとき、水の味に繊細でなくても水を飲むことの効果があるように、エネルギー感覚が繊細でなくても効果があります。

エネルギー感覚が繊細になるには、ある程度経験を重ねることも必要になりますので、遠隔セッション参加が初めての人ほど感じにくいという傾向があります。
初めての場合は、「具体的には説明できないけれども、いつもとは異なる感覚を感じる」ということが多く、私自身もこの世界に入った初期のころは、“いつもとは異なる感覚”までしか認識できませんでした。しかし、大部分の人は経験を積むことで繊細に感じられるようになります。

エネルギー感覚は通常、五感(視覚、聴覚、触覚:皮膚感覚、味覚、嗅覚)のいずれかの感覚で感じ取ることになります。五感のどれが良くて、どれが良くないということはありません。その人が感じやすい感覚、もしくはその時に必要な感覚で感じ取って行きます。あるは、五感を超えた超感覚を感じ取る人もいます。
感じ方は、様々で、
・ツボ押しやマッサージを受けているような、チクチクする、軽い痺れ感、軽く/強く押されている、撫でられている
・光を見る・受け取る、あるいはビジョンを見る。
・リズムや流れを感じる。あるいは、音を聞くのではなく感じる。
・安心できる真っ暗な空間を体験する人もいれば、光を受け取る体験をする人もいます。
・空間感覚の場合は、宇宙空間に浮かんでいるような、夢の中にいるような体が自由に変形/変化するような感じになります。
・時間感覚が停止する。時計をみていないのに、時間ぴったりに目が覚める。
・思考が停止する。
他にも色々な感じ方があります。
これらの感じ方は、受け手ひとりひとりの独自の体験で、上記に掲げたものは良く見られるパターンです。他の人との比較はあまり意味を持ちませので、受け手自身の貴重な体験として受け取ってください。

2.エネルギーを受けている最中
バイブレーションレベルが高いエネルギーを受け取っている時に、眠ってしまう、突然寝落ちするということはよくある現象で、エネルギーを受け取っている証拠でもあります。眠ってしまうとか寝落ちするということは、ごく普通に起きることですから、心配する必要はありません。
また、遠隔セッションが始まる前から、あるいはその後しばらく、眠ってばっかりというのは、一段高いバイブレーションレベルに移行する過程で起きることなので、遠慮なく眠ってください。

3.浄化プロセス
遠隔セッションのヒーリングやアチューメントのエネルギーを受け取ると、浄化プロセスが始まることがよくあります。
浄化プロセスというのは、自分自身が持っているエネルギーのうち、これから先においては不要なエネルギーを排出するというもので、最近ではデトックスなどと言う人もいます。
排出するプロセスでは、
・微熱だが、体温計では平熱
・頭痛
・鈍痛
・息苦しさ、呼吸が早くなる
・ぼーっとした状態/何も考えられない
・過去の感情の放出や昇華
・生体的な排泄による排出(これは、汗として出ることもあれば、下から尿や便として出ることもあり、上から鼻水や時には嘔吐として出ることもあります。あるいは、ニキビ・吹き出物という形を取ることもあります)
といった一見すると、風邪を引いたときの症状によく似た症状が出ることがあります。

何度か体験すると、明らかに風邪とは異なる体感がありますが、下手な自己診断はせず、気になったら医者で診断してもらってください。遠隔セッションに伴う浄化プロセスの場合は、医学的な症状と原因の因果関係の説明がつかないという結果になり、医者が原因不明と説明することもよくあります。

浄化プロセスは長続きするものではなく、症状はプロセスの終了とともに消失します。
消失したあとは、遠隔セッションを受ける前と比較して、
・すっきり
・緩む
・リラックス
・落ち着き
・軽くなる
・開放感
・清々しい
・心が明るい
・穏やか
・感謝
・気づき
など、以前にくらべて、いい感じの状態になります。これらは、人生を創造的に生きるための基盤となり、これらを通じて創造的な自分に変化していきます。

【遠隔セッションで起きる自然な変化】

遠隔セッションのエネルギーを受け取って起きる変化は、力ずくでもなく、意図的でもない、自然な変化になります。
根底的な部分が変化するため、変化していることに、後から気が付くことが多いです。
あるいは、まるで以前からそうであったかのような感じになることも多くなります。
そのため、自分は意識せずに変化しているので気が付かないのに、周囲の人から変わったということを指摘されることが起きるようになります。

【最後に】

自然な変化が起きていることに気づいてください。

そして、変化を楽しんでください!


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。