南北朝の本 (1/24追記)

南北朝時代の公家の過去生が出てきたのですが、

武田武将の過去生の時代にやり残しがあり、今の人生でそれを引き続いて行っていたことは、昨年10月の諏訪大社参拝でほぼ終...

南北朝についてはほとんど知らないので、まずは基本的なことを抑えておくために、この本を買いました。

南北朝の本を探しても、争乱あるいは動乱という視点から見た本ばかりで、基本的な事柄を書いている本は少ないので、こちらから読み始めます。

この本の初版が出たのは、昭和32年とかなり古いのですが、その後何度かの改訂を経て3度目の出版となったもので、こういう地味な本が三度も出版されるというのはそれだけ基本を押さえた本だということだと思います。

Kindle版もあるのですが、ハードウェアのKindleを持ってないので、紙の書籍版を買いました。

書名:南北朝 日本史上初の全国的大乱の幕開け
出版社:朝日新聞出版 
発売日:2017/12/13
形式:新書232ページ
ISBN-10 : 4022737441
ISBN-13 : 978-4022737441
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4022737441/

(1/24追記)

本を途中まで読み進めていましたが、中断することにしました。

この本は、南北朝の全体像を描き出そうという試みを行っているので、かなり広い範囲の事柄が書かれています。

ところが、私自身の過去生は公家という視点からみた時代になのですが、その視点から言えば関係があまりない部分の記述が多く、必要とする部分については記述量が少ないもしくは、書かれていないということになってしまい、焦点がぼやけてしまいます。

ちょうどNHKの大河ドラマで明智光秀をやっていますが、当時の歴史を明智光秀の視点から見て描いているので、分かりやすいストーリーになっています。
全体を俯瞰するよりは、誰かの視点から見た方が、一つの見方としてストーリー性があり分かりやすくなります。

一人の視点から見たときに、時代がどう見えるのかを探った方がよさそうです。

ということで、次の本・資料を探しているところです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。