世界遺産醍醐寺が宇宙寺院を2023年に打ち上げ

宇宙寺院が2023年に打ち上げられます。

宇宙寺院は、世界遺産醍醐寺(京都市伏見区)とレンタルサーバー会社カゴヤジャパン(京都市中京区)による、ジョイントベンチャー。

実行会社として、テラスペース株式会社を設立。
https://www.terraspace.jp/

テラスペースは人工衛星に特化したベンチャーで、社長はカゴヤジャパンの社長、取締役は醍醐寺執行本部長の住職です。

衛星本体の企画開発の会社なので、打ち上げはどこかの衛星打上会社に依頼すると思われます。

2023年に宇宙寺院打ち上げ予定。
名称は、宇宙寺院劫蘊寺。
ご本尊は、大日如来と曼荼羅。
https://www.gounji.space/

【ニュース記事】

SORAE
2023年に「宇宙寺院」建立へ、醍醐寺とテラスペースが提携を発表
https://sorae.info/space/20210203-terraspace.html

Engadget 日本版
宇宙寺院「劫蘊寺」2023年離陸へ。ご本尊は大日如来と曼荼羅、IoT衛星機能も
https://japanese.engadget.com/space-temple-gounji-2023-215053278.html

ねとらぼ
寺を人工衛星で打ち上げる「宇宙寺院」が2023年実施予定 「寺(テラ)へ……」「テラワロスwww」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2102/02/news089.html

ケータイWatch
スマホアプリで現在地がわかる「宇宙寺院」、醍醐寺とテラスペースが打ち上げ目指し提携
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1303837.html

※写真は、冬の星座であるオリオン座。中央の三連星が目印。
オリオンの過去生を持っている人は、冬の夜空を見上げた時に、オリオン座を見つけてしばらく見入ってしまいます。オリオンの歴史は、前半の戦いの歴史と後半の平和な歴史があり、どの時代にいたのかで、印象が全く異なります。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。