新型コロナウィルスを正しく見るには

新宿住友ビルディング

新型コロナウィルスについて、ネット上では様々な情報が飛び交ってますが、私のスタンスについて書いておきたいと思います。

まず、ネットの情報を見るときに、私が心がけていること。

(1)肩書には頼らない

過去も現在もどちらの肩書でも判断しません。
それよりも、どういう立場で、誰に向かって、何を話しているのかをよく見ています。
元ファイザーの副社長という肩書で話をしているとしても、その肩書で自分自身が目くらましになると正しい情報をチェックすることができなくなります。
なので、肩書については過去の肩書も現在の肩書もどちらの肩書であっても、それだけでは判断しません。

(2)情報の出所が明確で信頼できる機関や人物である

出所不明の情報を拡散している人がSNSには沢山います。出所不明ということは、それが正しいのか間違っているのかの検証ができないということで、検証が出来ない情報を信じるのは危険です。

(3)誰がどういう立場から何を言っているのかを見る

(1)でも書いていますが、何かを言っている人は、立場があります。その立場が公正なものであるのかどうかが重要です。
単に自分に注目を集めたい人が言っていることは、ほぼデマです。

(4)検証できることが大切

どのような情報であっても、その出所や語っている人が誰でどういう立場なのかを追跡/検証できることが重要です。そこまで確認して、初めて正しい情報であると言うことができます。
新型コロナについいては、日々様々な情報が飛び交っています。
過去の発言を遡って検証し、信頼できる人物であると判断できることが重要です。

デマをまき散らしている人の場合、この検証に耐えられません。
アメリカの調査では、新型コロナウィルスのデマはわずか12人が情報の出本と言われています。その情報がSNSなどを通じて拡散しているのが現状です。

(5)メリット/デメリットをはっきりと表示している

デマをまき散らしている人は、デメリットばかりを強調する特徴があります。
医薬品には、ほとんどすべてメリットとデメリットが存在します。その両者をきちんと検証して、初めて医薬品としての認証が降りる仕組みになっています。
デメリットばかり言っている人の話は、信用するに足りない。そのことをきちんと知ることも大切です。

(6)複数の人が同じことを言っている

新型コロナウィルスについては、立場や役職などが異なる人であっても、同じことを言います。一人だけ違っているということはありません。

複数の信頼が出来る人たちが同じ事を言っていたとしたら、それが真実です。

(7)素人の発信した情報は信用しない

病院での患者の噂話というのは、一見すると貴重な情報のように見えます。
しかし、今回のように様々な情報が飛び交う状況では、信頼できる情報源が語る情報を入手することの方が大切です。
患者が言う情報というのは、患者自身が他の人からの注目を浴びたいという願望からくる情報であることが多いです。他の人からの注目を浴びるために、正しいかどうかよりも、注目されるかどうかの方が大きな動機になります。
そういう時は、正しくて安心できる情報よりも、「あれは危険」という根拠のない情報の方が効果的になります。
人は危険を避けたいという無意識的な情動があるので、危険情報に注目が行く特性を持っています。デマを流す人は、その特性に(事実かどうかは別として)効果がある情報を流しています。そんな情報を鵜呑みにすると、自分自身が間違った判断を下してしまいます。

【私が見ている情報】

新型コロナウィルスについては、単純にYES/NOで決められる問題ではありません。
それぞれが、自分自身の立場で正しい情報を入手して、考え、判断することが大切です。

ワイドショー的な、「これをすれば大丈夫」という単純な答えはありません。
単純な答えが存在しないことを理解する必要があります。

そういったことを考えると、情報源というのは多ければ多いほど混乱を招きます。
それは、思考停止に至る道です。

重要なのは、信頼に足る情報源を見つけて、深堀して理解することです。

●山中伸弥

iPS細胞で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏が情報提供しているサイト。
こちらは、学者さんらしく、査読済み論文をベースに情報提供しており、データは信頼性が高いです。
ただ、学者さんなので専門的になって分かりにくいところもあります。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html

●忽那賢志

国立国際医療研究センターを経て、2021年7月より大阪大学医学部 感染制御学。
感染症について、専門的な見地から分かりやすく情報発信している。

感染症専門医 忽那賢志
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi

【参考になるサイト】

●Youtube

少し長い動画ですが、定評のある専門家二人による解説

専門医から学ぶ「新型コロナウイルスワクチン」の本当の話【前編】
https://www.youtube.com/watch?v=uVvTlTThIrM

専門医から学ぶ「新型コロナウイルスワクチン」の本当の話【後編】
https://www.youtube.com/watch?v=PMW1peywzbk

●厚生労働省

基本データは、やはりこちらになります。
ただ、役人が作ったものなので、探しにくい/読みにくい/分かりにくいのが難点。

新型コロナウイルス感染症の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

新型コロナワクチンについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

●Cov-Nav

一般向けの分かりやすい説明を掲載。
こちらを参考にすることもあります。
ただ、全般的にデータは少なめ。

https://covnavi.jp/

【見てない情報】

こちらの情報については、見ていません。

Twitter
Instagram
Facebook
などのSNS

情報が出所不明のものが多すぎて使い物になりません。

【結論は?】

正しい情報をいくら集めても結論は出ません。
結論を出すのは情報の多さではありません。
そこに気が付く必要があります。

ワクチン接種については、

メリット=効果 と デメリット=リスク

を比較した上で進められているので、正確な情報を集めた上で、最終的には各人の判断になります。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。