理解してもらうことにこだわらないように(2)

というように、周囲の状況の流れでガイド/マスターに言われたことが、「理解してもらうことにこだわらないように」ということです。

これから先10から20年で人類はスピリチュアルなことを受け入れる人と受け入れない人に分かれていきます。これはスピリチュアルなことを理解するということではありません。頭で理解はしてなくても受け入れているという人は沢山います。

受け入れられない人に出会っても、その人たちに理解してもらうことにこだわるなということで、理解してもらうことにこだわってしまうと自分自身の成長にブレーキが掛かってしまい、自分が望んでいる以下の結果しか得られない結果になってしまいます。受け入れられない人はそれを自分で選択しているので、それを変えることは出来ません。

イエス・キリスト(サナンダ)でさえ全ての人を救済できたわけではなく、まだそのレベルにも達していない我々が自分の周囲の全ての人に理解してもらう事はとても困難なことです。

スピリチュアルなことを受け入れない人も、いずれは理解する時が来ます。でもそれには数万年の時間がかかるかもしれません。でもいずれは理解します。

なので、今生においてそれを受け入れられない人に理解してもらうことをこだわってしまうのは、自分自身の成長をも止めてしまうことになってしまうことになり、自分自身が望むことを達成することが出来なくなってしまいます。

だから、受け入れられる人、受け入れられない人のそれぞれに対応することが必要で、受け入れられる人はいいのですが、受け入れられない人にはそれなりに対応してあげるという態度、つまりそういう人もいずれは理解するのだけど今生では準備が出来ていないのだから、理解している側がそれにあわせた対応を取るということが求められています。

何よりも大切なのは、まず自分自身が霊的に成長するということです。
成長することが出来れば、成長したという事実によって自分と関わる人たちに何かの影響を与える事が可能になります。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。