ノンデュアリティ

*2015/10/28更新*

ノンデュアリティ(非二元性)は、悟りとかスピリチュアルな目覚めとも言われます。2010年から書き始めたブログ記事のうち、お勧めの記事を掲載しています。順次追加中です。

◆カテゴリで読む◆

記事を全て読みたい場合は、ブログカテゴリのリンクが便利です。記事は、下に行くほど古い記事の順で並んでいます。

1.カテゴリ/ノンデュアリティ
http://en-light.net/archives/category/non-duality

◆スピリチュアルな成長◆

スピリチュアルの段階 第二版

スピリチュアルの段階 第二版
○スピリチュアルの段階について スピリチュアルな道を進んでいる人に、自分の立ち位置分かりやすいように六段階に区分しています。 この記...

スピリチュアルな成長の道における、あなたの立ち位置

スピリチュアルな成長の道における、あなたの立ち位置
*作成完了/2015年2月24日* スピリチュアルな成長の道を進んでいる人が、自分の立ち位置がどこになるのかを自分でチェックできるよう...

◆エゴ◆

エゴはとても狡猾である

エゴはとても狡猾である
悟りのプロセスに入って真の目覚めに到達していない時は、まだエゴが存在し、自分自身の本質とエゴが対立することが起きます。知識として、自分自身は...

三つのエゴ

三つのエゴ
エゴを詳細に見ていくと、エゴは三つあることが分かります。一般的にエゴというと、ネガティブなイメージがありますが、ここではニュートラルな「自我...

「本質」と「エゴ」を識別するには

「本質」と「エゴ」を識別するには
悟りのプロセスに入っているときには、自分自身の「本質」と「エゴ」が同居する状態になるので、自分自身の言葉がどちらのものなのか識別することが必...

◆悟り・覚醒◆

悟り/覚醒の進み方

悟り/覚醒の進み方
○一度で悟る/覚醒するのではない 悟りや覚醒は、一度で総てを悟ったり、覚醒するものではありません。悟りは、小悟、中悟、大悟といった区分...

一度で全て悟り切る人はいない

一度で全て悟り切る人はいない
悟りは始まりである 悟りとか目覚めというのは、始まりであってゴールではありません。ですから、一度で全て悟り切る人はいません。 悟ると...

大悟・中悟・小悟・気づき

大悟・中悟・小悟・気づき
全てが一つであるという悟りの深さについて、簡単に纏めておきます。 ここでは、4種類に区分しますが、まず大きく2種類に区分すると、 (...

悟りは自我ではない

悟りは自我ではない
悟りを自我と関係づけて語る人が多いように思えますが、悟りというのは自我が静かになり沈静化し、無になった瞬間に起きることです。なので、悟りと自...

悟る時、私はいない

悟る時、私はいない
関東三十六不動を巡拝していた時のことです。第三十三番の高塚不動尊の階段を上り、赤い不動堂の前で、参拝していると、突然それはやってきました。 ...

悟りとは

悟りとは
悟りの経験は一瞬です。 悟るというのは、永遠の体験ではなく、悟った瞬間から始まる経験です。 悟りは、終わりではなく、始まりです。

悟る前と後

悟る前と後
禅の名言にこんなものがあります。 悟る前は、薪を割り、水を運ぶ。 悟った後、薪を割り、水を運ぶ。 ここで語っているのは、悟った...

悟っていくプロセスは、快晴と嵐の両方を経験する

悟っていくプロセスは、快晴と嵐の両方を経験する
一度で全てを悟りきる人と言うのは非常にまれで、ほとんどの人は、小さな悟りや中くらいの悟り、そして大きな悟りといったものを何度も体験していくこ...

悟りという気づきの瞬間

悟りという気づきの瞬間
悟りという気づきが起きる瞬間は、いつどこで起きるか予想もできず、予定もできません。 最初の明確な体験は、車で高速道路を走っているときで...