守護神に就いてもらうために知っておくべきこと

○守護霊と守護神の違い

日本神道では、人は神であるとされます。
神が人として生まれ、人生を過ごし、死ぬことで神に戻るということです。

なので、守護が神的に表れるのが守護神、守護が人的に表れているのが守護霊ということになり、守護霊も元を辿れば守護神であるということになります。

スピリチュアル・カウンセリングでは、守護霊という表現を使った方がクライアントさんが理解しやすいことも多いので、時として使っています。
ブログの記事では、理解を深めることを主眼としているので、過去の守護神の一連の記事では、守護霊も含めた守護神という表現で統一しています。

[過去記事]
守護神は、自分を引き上げてくれる(リンク
守護神と縁を結ぶ(リンク

○誰にでも起こりうる

守護神との縁は、「生まれる前に結んだ縁」と、「行動することで就いて頂ける縁」の二つがあります。生まれる前に結んだ縁は、時期が来ると自然と現れて来るので、ここでは行動することで就いて頂ける縁についてお話しします。

神に就いてもらえるのは特別な人、特別な事というイメージを持っている人が多いのですが、それは勘違いです。

これを読んでいるあなたも元を辿れば神なのですから、神に神が就くということは誰にでも起こりうることなのです。

人と人に縁があるように、人と神の縁も同じです。人と神は元を辿れば同じ存在であり、人は肉体を持っている、神は肉体を持っていない、ただそれだけです。
なので、神との縁を考える時に、人との縁と同じように考えていく事が大切です。

○一度に何人でも対応できる

神の世界というのは、一度に1人を相手するのも、一度に100人を相手にするのも、全く同じです。

私たちの世界では時間というものがあり時間の中で出来ることは有限ですが、神の世界には時間がないため有限な時間という制約がなく、全てを同時に行うことができ、手がふさがっているとか忙しいという状況は起こりえないので、同時に100人でもそれ以上でもまったく無理なく対応できます。

九頭龍さんの「九頭」という名前は、同時に沢山(=九)の人を相手に出来るということを言葉的に表現したもので、頭が九個あるという意味ではありません。
千手観音も同じで、手が千もあるということではなく、同時に沢山(=千)の人を救うことが出来るということを表しています。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

6月は、新型コロナウィルス対策 遠隔ヒーリングと、夏至の遠隔ヒーリングおよび伊勢神宮代理参拝を行います。

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。