人災としてのコロナ禍

年末年始のGoToがようやく中止となりましたが、遅きに失した感が強いですね。

こうなったのも、菅政権の後ろ盾が二階堂氏であり彼は全国旅行業協会の会長をしており、GoTo推進派の代表格になります。そのように後ろ盾がGoTo推進派になっているため、無理にでもGoTo推進を進めてきましたが、内閣支持率の急落を見てようやく中止の判断に至りました。

キャンセル料無料といっても、その分の旅行事業者への補填は税金から支出されることになります。アベノマスクと同じで、政治が機能しない為に起きた税金の無駄遣いです。

今年8月29日の記事「安倍首相辞任で見る 今年後半のコロナ禍の状況」で既に書いてます(一部編集)が、

カードに表された、右側のもう一人の小さな人物が新たな首相となります。
人物として大きさがないので、新たな首相もこの難局を乗り切るだけの指導力を発揮できないことを表しています。

新しい首相が、人物の器としての小ささから、物事をどちらに決めるのかを、十分に決められないという状況が進んでいきます。

日本という国にとっては、新型コロナと政治的人災という二つの災難を抱えて行く状況になります。

現在の状況はまさに政治的人災と言える状況です。 

このような時は、政治をあてにせず、自分たちで出来ることを一つずつ着実に行っていくことが大切です。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。