エネルギーワークの区分

エネルギーワークとは、ヒーリングやアチューメント、アクティベーションなどの総称として使っています。
ヒーリング、アチューメント、アクティベーションの基本的な考え方は、

ヒーリング=癒す。エネルギー状態が低下した状態から元に戻すこと。
アチューメント、アクティベーション=上げる。エネルギー状態を上げて行くこと。アセンディングとも言われる。

ヒーリングとアセンディング(アチューメント、アクティベーション)は対照的なエネルギーワークになります。

上記の考え方を図にするとこんな感じです。

Ew2
上図でもわかると思いますが、アセンディング(アチューメント、アクティベーション)が行えるようになるには、ヒーリングができる事が前提条件になります。

○○ヒーリングという名称で、アチューメント、アクティベーションを行っている人もいるようですが、なんでもかんでもヒーリングという名称にしてしまうのは、エネルギーレベルの考え方に勘違いが生じやすいので注意が必要です。

コメント

  1. はぁぷ より:

    ヒーラーという名称をよく聞きますが、
    その内容を見ると
    確かにヒーリングという概念では
    収まりきれない場合がありますね。
    八雲さんの遠隔ヒーリングでは、
    ヒーリングとアセンディングの両方を行っていますから、
    ヒーリングをするヒーラーというよりは、
    エネルギーワークをする人ですから、
    エネルギーワーカーということになるのでしょうか。
    でもこの名称もまだまだ普及していないような気がします。
    名称って通称的なものがあるので
    難しいですね。

テキストのコピーはできません。