霊障や生霊は勘違い?

霊障や生霊は勘違いなんでしょうか?

という質問があったので、こちらに書いておきます。
この場合、おおむね3つに分けて説明すると分かりやすいと思います。

その1)単なる思い込み・勘違い
数としては一番多いのですが、テレビや雑誌などの情報を見て、「もしかすると、私も・・・」という「思い込み」を形成してしまう人がいます。この思い込みには根拠がないので、本来ならなんのトラブルもないのですが、思い込みによってトラブルを引き寄せて現実化してしまうことがあります。
この場合、それらは、単なる思い込み・勘違いでしかないので、そういう説明をすることになります。

その2)要素はあるが・・・
その次に多いのが、何らかのきっかけが存在して、それを霊障や生霊に結び付けてしまうことがあります。きっかけがあるので、思い込みやすい状態になっており、心の中で結び付けてしまうため、そこから本格的な霊障や生霊に発展してしまうこともまれにあります。
この場合は、きちんとヒーリングなどを行うと同時に、正しい知識を伝えることが必要になります。

その3)本当の・・・
このケースは、非常にまれです。
私のカウンセリングに来られる人のような場合では、これまで延べで2千人以上見ていますが、今でも人数を指折り数えることができるくらいです。クライアントさんから質問があった場合でも、ほとんどはその1かその2のケースです。
実際の体験したものでは、クライアントさんがネットで購入したブレスで生霊ということがありました。この場合は、ブレスを作成した人が、いやいややっているのが見てわかります。そうなると、本人が存命しているかぎりは、いくらヒーリングしても、どんなヒーリングをしても効果がないので、そのブレスは最終的には自然に還すという処分をするしかありませんでした。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. sumie より:

    教えてくださって、ありがとうございます。
    ちょうどいい具合に役に立ちました。
    >ブレスを作成した人が、いやいややっているのが見てわかります。
    これはブレスに限らず大切ですね。

  2. ポン太 より:

    あーー、あの時はお世話になりました(笑)
    あれはキョーレツでした、記憶に残るケースで、
    あのブレスはさすがの八雲様でも浄化しきれなかったですね。
    ブレス以外の数少ない霊障もお世話になった気がしますので、数少ないケースは殆ど私・・・みたいですね(爆)
    お盆は今年も盛況でした。寝込んだだけで済んだので、まだ良かったのかもしれないです・・

テキスト・画像のコピーはできません。