35歳を過ぎたら、転職しよう!

人が就職するのは、10歳代後半から20歳代中ごろが中心になりますが、この年代で自分にはどんな仕事が合っているのかが分かっている人はごく少数です。

社会人となって、10年も過ぎると、社会・仕事などについて、自分は本来何をしたいのか、どんなことが自分らしいのかを見つめることができるようになります。また、女性の場合は、出産ということを考えると、35歳というのは未婚の場合、結婚するためのタイムリミットでもあり、既婚の場合、出産を経験して自分らしい生き方を目指すことを考えるためのちょうどいい年齢になります。

なので、自分が自分らしく生きる為に、一度自分というものを見つめ直して、新しい職場に行くのには、35歳を超えた時が一番いい時期です。

という話をすると、一般的には、35歳を過ぎたら、転職は難しいというイメージがあります。

しかしこれは、ある方法を取ることで、難しいものではなくなります。

私自身も40歳を過ぎた時に、それまで10回以上の転職をしていた人が、正社員転職できています。

一般的な転職方法

一般的な転職方法というと、会社が求人を出したものにたいして、それに応募すると言う方法です。これを「受身の転職方法」と呼びます。

この場合、転職できるかどうかは、会社が求人を出しているかどうか、つまり会社が人材を欲しいと考える→求人を出す。
ということが条件になります。

35歳までの転職であれば、この方法で構いません。しかし、35歳を過ぎるとこの求人が、ガタンと減ってしまいます。そのため、この方法では35歳をすぎると求人が急にむずかしくなってしまうことになります。

なぜ35歳かというと、一般的に会社では、社員を雇うと、給与以外の支出(保険、年金、その他)が発生するのですが、そういったことを考慮すると、できれば35歳以上を避けたいという判断が出てきます。そのため、35歳が一つの区切りになって求人が減ってしまうことになります。

なので、「受身の転職方法」では、転職することが難しい年齢と言われるわけですが、これを突破する方法があります。

成功する転職方法

「受身の転職方法」では、35歳を過ぎると、難しくなります。もちろん、会社の役員などキャリアによっては、年齢が関係ないこともありますが、一般的には35歳が一つの区切りとなります。

そのため、受身ではなく「攻めの転職方法」を採ることが成功の鍵になります。

「攻めの転職方法」において、まず最初の鍵となるのは、

(1)受身ではなく、攻めとして自分を企業・組織に売り込む
(2)あらゆる媒体を使って、出来るだけ多くの売り込み先を見つける
(3)自分の人脈をフルに活用する
(4)求人が出ていない企業・組織にも売り込む
(5)求人条件は無視して、売り込む
(6)書類審査に通る書類を作成する

の6点になります。
これ以外にもいくつかのポイントはありますが、これらを着実に行うと、35歳を過ぎている普通の人でも、3か月以内に再就職ができます。

詳しいことについては、こちらのサイトがおすすめです。

中高年の転職
http://www.tyukounen.com/

スケジュール

●スピリチュアル・カウンセリング
6月29日(土)、6月30日(日)
いずれも、13:00 – 18:00 溜池山王

詳細はこちらから(リンク

テキストのコピーはできません。