ウレタンマスクはウィルス対策になりません

ウレタンマスク(ポリウレタンはウレタン素材の総称)は通気性が良く、洗って繰り返し使うことが出来るので人気がありますが、

ウレタンマスクを製造している日本の代表的なメーカーは、ウレタンマスクは「花粉・かぜ用」と袋の表に明記して売っています。

HPのトップにも「新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード」と書いてあります。

ウィルス対策とは表記していません。

ウレタン素材は通気性が良いと言われますが、それはウレタンに空いている穴の大きさが大きいからです。穴の大きさが大きければ花粉はガードできても、それよりは圧倒的に小さいウィルス飛沫はガードできません

以下の画像は環境省のサイト(リンク)から引用しました。

花粉とウィルス飛沫の大きさの違いが判ると思います。

そのため、ウレタンマスクの日本の代表的なメーカーでは、ウィルス対策のマスクはウレタンではなく、不織布でつくられたものを販売しています。

ウレタンマスクでは、花粉をガードすることが出来ても、ウィルス飛沫やマイクロ飛沫は素通しになってしまいます。

以下に、カトウ光研(リンク)がマスクごとのテストをした動画があります。

マスクごとのエアロゾル吸引状況の可視化評価(COVID-19対策)

ウレタンマスクではほとんど効果ないことが分かりますね。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。