ウレタンマスクはウィルス対策になりません

ウレタンマスク(ポリウレタンはウレタン素材の総称)は通気性が良く、洗って繰り返し使うことが出来るので人気がありますが、

ウレタンマスクを製造している日本の代表的なメーカーは、ウレタンマスクは「花粉・かぜ用」と袋の表に明記して売っています。

HPのトップにも「新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード」と書いてあります。

ウィルス対策とは表記していません。

ウレタン素材は通気性が良いと言われますが、それはウレタンに空いている穴の大きさが大きいからです。穴の大きさが大きければ花粉はガードできても、それよりは圧倒的に小さいウィルス飛沫はガードできません

以下の画像は環境省のサイト(リンク)から引用しました。

花粉とウィルス飛沫の大きさの違いが判ると思います。

そのため、ウレタンマスクの日本の代表的なメーカーでは、ウィルス対策のマスクはウレタンではなく、不織布でつくられたものを販売しています。

ウレタンマスクでは、花粉をガードすることが出来ても、ウィルス飛沫やマイクロ飛沫は素通しになってしまいます。

以下に、カトウ光研(リンク)がマスクごとのテストをした動画があります。

マスクごとのエアロゾル吸引状況の可視化評価(COVID-19対策)

ウレタンマスクではほとんど効果ないことが分かりますね。

テキストのコピーはできません。