茶碗の中のビー玉

日常において一般的には、空の感覚より、エネルギー感覚より、物質感覚の方が強いのですが、これはそうなるようにこの世界が出来ているからです。

下の図は、茶碗の中にビー玉が入っている図で、下はその断面です。茶碗は物質世界を、ビー玉が人間を現しています。

茶碗の中のビー玉

ビー玉を少し動かしてみても、手を放せば茶碗の底に転がって行きます。私たちの日常は、このようなもので、少々のことでは物質世界からは抜け出すことが出来ないような仕組みになっています。(同じことを、地球の引力とロケットの関係で説明することもあります)

なので、無意識的に生きていれば物質的な世界観の中に埋没してしまうのが普通のことで、さらには物質的世界を構成している茶碗にすら気が付かないで生きていくことになります。これは、空気の中で生まれ育った私たちが日常において空気を意識しないのと同じです。

ビー玉を動かそうと力を入れても、茶碗の端に行くにしたがって傾斜が急になるため、力を入れたところで、茶碗の外に行くことはできません。つまり、物質的な努力によって物質世界を抜け出すということはできないのです。

スピリチュアルな目覚めの為には、茶碗の中でビー玉を見つめる視点ではなく、このビー玉と茶碗を外から見る視点を持つことが必要です。

しかし、私たちは物質的な世界観に慣れ親しんでいるため、ビー玉を見つめる視点で生活してしまうことになります。そうして、ついビー玉を押してしまいます。ビー玉を押すというのは、物質的な世界観の立場で思考したり行動したりするということで、その視点からスピリチュアルな目覚めが起きることはありません。

大切なのは、視点・立ち位置を変えることです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。