気づきの視点に立ってみたらどうなるんだろう? – ダイレクトパスの基本と対話(1/20更新)

※1/20 公式サイトを追記しました
※1/19 内容を編集・追記しました

この本は、ダイレクトパスの入門書です。

StandingAsAwareness2

著者は悟る道(この本では、気づきという表現を使っています)としては、ダイレクトパスとプログレッシブパスの二つが存在しているとし、プログレッシブパスというのは、瞑想や修行などを通じて一歩ずつ悟りに近づいていく方法であるのに対し、ダイレクトパスはシンプルな実験(あるいは経験)を通じて直接的(ダイレクト)に悟る(この本では気づき)方法について語っています。

とてもシンプルな実験なので、本当にそんなので良いのかと思ったりするのですが、実際に経験してみるととても効果的であることが分ります。本の後半は、他のノンデュアリティ系の書籍と同じように、対話形式で理解を深めて行くというパターンになります。

この本の著者が哲学系の人ということもあり、いわゆるスピリチュアルな本ではなく、悟り(気づき)に直接向かうというのが特徴です。ラメッシやマハラジ、あるいはセイラーボブとは、異なった、しかもシンプルな切り口を見せてくれます。
私はこの本で、かなり進展することができました。

この書籍以外では、この本を翻訳された古閑さんのブログに記事がいくつかあるので、合わせて読むことをお勧めします。
あるいは、この本を買うかどうか迷っている人は、古閑さんのブログを読んでから決めても良いですね。

resonanz360 > グレッグ・グッドの翻訳記事一覧
http://resonanz360.com/2015/11/11/greg-goode-articles/

上記ブログには、今回紹介しているグレッグ・グッド以外にも著名なノンデュアリティのティーチャーの翻訳記事があるので、自分の気に入った人を探す手助けにもなります。

また、グレッグの公式サイトはこちら(英語)
Philosophical Education and Nondual Inquiry
http://www.heartofnow.com/

書名:気づきの視点に立ってみたらどうなるんだろう? – ダイレクトパスの基本と対話
著者:グレッグ・グッド
翻訳:古閑 博丈
出版社:ナチュラルスピリット
ISBN-10:4864511187
ISBN-13:978-4864511186
発売日:2014/5/20
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/4864511187


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。