神社での参拝ルール

参拝時のルールについて、細かく説明している人がいますが、私が見る限りでは、参拝時の細かいルールというのは、あくまでも人間が決めたことです。

神様が見ているのは、人間が神様を(敬うではなく)大切にする心です。これは何も神様に限ったことではなく、人間が人間を大切にする心と同じものです。神様だから特別な気持ちを持たなければならないということではなく、人間と人間の間の作法と、人と神様の間の作法では、少し違いがあるということだけです。
このあたりについては、神様と直接お話しをしてみればすぐにわかることです。
ただし、祈祷など神職が行う作法の場合は、ルールを神様からはっきりと示されることがありますが、一般の方の参拝については、細かいことを言ってきません。

(1)参道の真中を通ってはいけない?
正面からの写真撮影の記事でも書いていますが、正面真中というのは、人が決めた神様の道です。ところが、そういったことを言っている人たちが、神様は降臨するとも言っています。降臨するというのは、上から下ってくるということです。なので、かならずしも正面の参道を通るとは限らないということになります。

さらに正確に神様のことを言うなら、神様というのはこの世界に満ち満ちている存在であり、どこにでも存在(偏在)しているものなので、参道を通る必要もありません。参道というのはあくまでも、人間が通るための道です。

ただし、その参道を通る人間が、神様を大切にする気持ちの表現として、真中を神様のために空けておくということについては、表現の仕方として、それも大切な表現方法であると思っています。

なので、ちゃんと理解したうえで真中を通っても良いし、気持ちの表現として真中を空けておくのも良いということになります。あくまでも、ひとりひとりの心の表し方のということです。

(2)参拝時に、住所や名前を言った方が良いの?
私は、言ったことがありません。それでも神様はどんな人が参拝に来ているのかは、分かっています。

上記の気持ちの表し方と同じになりますが、自分が住所・名前を行った方が神様にちゃんとつながる気がするなら、言った方がよいです。安心できますね。(神様側としては、どちらでも良いのですが)

でも、神様レベルになると文字とか言葉ではない、テレパシックなコミュニケーションが主体なので、わざわざ言葉にしなくても、どこのだれが来ているのかは、分かります。

一方で、人間側には、「言上げ」というものがあり、これば人が言葉を発することが大切であるという考え方(言霊)からきています。人間サイドはあくまでも肉体的な存在であるので、「言上げ」した方が、結果が出やすいということもあります。

なので、自分が神様とつながっているという感覚を持ちやすい方法を使うというのが一番になります。言葉を使うのもよし、テレパシックな方法を使うのもよしです。

(3)賽銭はいくらが良いの?
いくらでもかまいません。
そもそも神様は賽銭を必要としていません。人間が神様を思う心の方が大切です。
一方で、神社を維持管理する人間の方では、様々な費用がかかるのでお金が必要になります。賽銭というのは、神様へのお金でもありますが、もう一方で神社を維持管理するためのお金でもあります。ちょっとした規模の神社でも全部建て替えすると、億円単位のお金が必要になることがあります。

私の場合は、そうやって考えると、あまり少ないお金では申し訳ないと思うのですが、巡拝する数も多いので、一か所あたり100円にしています。神社の財政的なことを考えると、もっと出してあげたいところですが、なにぶん参拝する箇所が多いので、こちらの金額にしています。

ただし、神様の方から金額指定されることもあります。これはあくまでも稀なのですが、紀伊半島のある神社の場合は、神様から2万円と指定されたことがあります。しかもその次に行った時には、さらにアップして、3万円と。今度行ったらいくらになるのか分かりませんが(笑)、こんな金額を指定されるのはここだけです。
ただ、2千円とかの程度の金額になると、年に数回あります。それは、あくまでもこちらの参拝に対する真剣度を作るために、金額を指定しているように思えます。なので、真剣に参拝するのであれば、金額はいくらでもかまいません。

(4)神社はお願いをするところではないの?
私の場合、基本的にお願いはしません。だからと言って、してはダメということではありません。
地球上の活動においては、人間があくまでも主役になり、神様はサポーター的な立場になります。なので、人間が人間としてすべきことをきちんと行い、さらに神様に援助をお願いするのであれば、お願いしてかまいません。逆に、単にお願いだけして、自分は何もしないのであれば、神様は援助してくれません。

でも、神様にお願いすらしない生き方をすると、もっと良い方向にすすむのは事実です。
神社では、感謝するとか、エネルギー的に自分を高めるとか、自分をリセットするということをするときに、もっともその場所が活きてきます。そこから得ることができるのは、お願い以上の結果になります。

テキストのコピーはできません。