呼ばれた意味を知ることは必要ではない

神様や神社に呼ばれて、よく出かけてますが、呼ばれた時点で「呼ばれた意味」を考えることはありません。

呼ばれたという話をすると、よく聞かれるのは、「なんで呼ばれたのか?」「呼ばれた意味は何か?」ということです。
質問している人が聞いているのは呼ばれた場合に、「行くかどうかは、意味による」ということです。そして、その「意味に納得できれば行く」という判断を無意識的に行っています。

それは、「事前に行く意味を知って、納得できれば行く。納得できなければ行かない。」ということになります。

ところが、神様や神社に呼ばれる場合は、事前にその意味を知らされることはとても少ないです。なので、行くときには行く意味を知らないで行くことになります。

そこが、神様や神社に呼ばれる人と、呼ばれない人の分かれ目になります。

神様や神社の視点と、肉体を持っている人間の視点を比べたとき、人間は肉体を持っているがゆえに、その視点はとても限られたものになります。
神様や神社の視点は、人間の視点と比べると、圧倒的に広く深いところから見ています。

視点の狭い人間が頭で考えることと、圧倒的に広い神様や神社が考えることを比べてみることが大切です。

神様や神社が考えていることは、人間の頭で考える範囲やレベルを超えています。
その視点から見たことを、視野の狭い人間に事前に言葉で伝えたところで、理解できないのがオチです。

その場に立って、その言葉を聞いて、初めてわかることがあります。
それは、事前の予想を遥かに超えた世界です。

だから、事前に考えたところで、意味がないのです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。