最近の「眠い・だるい・やる気がしない」をスピリチュアル的には?(続編)

6月12日に、以下のような記事を書いていますが、

2015年5月15日頃から、眠い・だるい・やる気がしないという感覚を持っている人も多いようで、個人的な相談や質問にも出てきます。これらの感覚は、5月15日頃から、スピリチュアルな領域において時代の転換点に来ているのが大きな理由です。

書いた時は、「眠い・だるい・やる気がしない」という現象は、6月頃には終わると見ていたのですが、人によっては6月以降に起きている人も多いようで、6月の記事は、現在でも検索されることが多いです。

直近90日間の検索キーワードを集計してみると、「スピリチュアル」、「夏至」、「太陽フレア」のいずれかのキーワードと、「眠い」、「だるい」、「体調」のいずれかのキーワードの組み合わせが多く見られます。

なので、ポイントとしては、スピリチュアルな領域において
(1)5月から始まった、時代の転換点
(2)6月の夏至のエネルギー
(3)7月末の満月というターニングポイント
が連続して起きているのが2015年の5月以降の状況です。

2011年から2013年にかけては、外的要因から来る変化になっていましたので、誰にでもわかりやすい変化でしたが、2015年に入って起きているのは、自分自身の内的な、それも奥深い所から来る変化であり、その変化が起きる人と起きない人に分かれます。

変化が起きる人の場合は、自分自身の考え方やものの見方が大きく転換するのですが、その変化は、過去からの連続的な変化の場合もありますが、突然の意識的変化になる場合は、過去の延長線上で思考すると変化を妨げる結果となるため、過去の延長線上ではない変化をするために、「過去の知識や思考や観念を一度脇に置く」ということが必要になります。

「眠い・だるい・やる気がしない」というのは、この過去の知識や思考や観念を一度脇に置くということが、無意識的に起きているということです。無意識的に起きているため、これらの変化はまるで強制されているかのように感じることもあります。

そのため、これが起きている時には、元気を出して何かをしようとしても、なかなか前に進まなくなります。

こういう時は、「心のなかを空っぽにする休息」を取ることの方が、変化をスムーズに経過させていくことができます。

(関連記事)

最近の、眠い・だるい・やる気がしないのをスピリチュアル的には?
https://en-light.net/archives/6591

2015夏至 眠い・体調不良は、太陽フレアが原因の一つ
https://en-light.net/archives/6837

2015年は転換期
https://en-light.net/archives/7125

7/31の満月はターニングポイント
https://en-light.net/archives/7173

テキスト・画像のコピーはできません。